かごしま近代文学館特別企画展  白洲次郎生誕120周年記念特別展「白洲次郎・白洲正子 武相荘折々のくらし」

かごしま近代文学館特別企画展  白洲次郎生誕120周年記念特別展「白洲次郎・白洲正子 武相荘折々のくらし」

展覧会 開催日:2022年10月28日 - 2022年11月28日

英国流のマナーと教養を身につけ、プリンシプルを生涯の信条として第2次世界大戦後、日本の復興に尽力した白洲次郎。幼少期から能を通して古典芸能に親しみ、きものや骨董を愛し、随筆家として多彩な活躍をした白洲正子。お互いに一目惚れして結婚した次郎と正子はパートナーを尊重し、日々の暮らしを大切にしました。

本展では、ふたりが移り住み、生涯暮らした武相荘(東京都町田市)での家族の暮らし方に注目します。正子が愛したきものや帯、骨董、アクセサリー、正子の実家・樺山家のゆかりの品々のほか、次郎の愛用品や洋服、お手製の道具、カントリー・ジェントルマンの志で戦後日本の復興に奔走した次郎の史料も紹介します。随筆家として数々の代表作を遺した正子の自筆原稿、日本各地を旅した感性で捉えた能や美しい日本文化にまつわる品々なども展示します。

武相荘で暮らした二人の素顔に迫りながら、日本の文化や日々の暮らしのなかの美しさ、心のあり方をみつめていきます。

会  期 10月28日(金)~11月28日(月)
休  館  日 火曜日
開館時間 9時30分~18時(入館は17時30分まで)
観  覧  料 一般600円(500円)、小・中学生300円(200円)

※常設展示もご覧になれます。※( )内は20名以上の団体料金

会  場 かごしま近代文学館2階 文学ホール
主  催 鹿児島市、公益財団法人かごしま教育文化振興財団、朝日新聞社
共  催 鹿児島市教育委員会
特別協力 旧白洲邸 武相荘
後  援 鹿児島県教育委員会、鹿児島県連合校長協会、NHK鹿児島放送局、MBC南日本放送、KTS鹿児島テレビ、KKB鹿児島放送、KYT鹿児島読売テレビ

 

ページトップ ページトップ