開館25周年記念企画展「かごしま近代文学館 偏愛コレクション&現代作家が紡ぐ鹿児島の物語」展

開館25周年記念企画展「かごしま近代文学館 偏愛コレクション&現代作家が紡ぐ鹿児島の物語」展

TOPスライド2023.01.02

かごしま近代文学館は、2023(令和5)年1月29日で開館25周年を迎えます。そこで、当館がこれまで収集した資料の中から、鹿児島ゆかりの作家たちが偏愛してやまなかったモノ、コト、ヒト、場所にまつわる資料を蔵出し展示いたします。作家が何に執心し、偏愛していたのかを深掘りすることによって、隠された作家像をあぶり出します。

あわせて、当館が開館した1998(平成10)年以降に、鹿児島を舞台に、あるいはインスパイアされて描かれた現代小説を、舞台となった地の写真パネルと共に紹介いたします。鹿児島の自然、歴史、風土、人が現代作家たちの目にはどのように映り、作品に投影されたのか―。数々の作品とともに、作家たちにインスピレーションを与えた鹿児島の情景をお楽しみください。

チラシ(表面)

チラシ(中面)

期間 2023年1月25日(水)~5月22日(月)
休館日 火曜日(3月21日(火)は開館、3月24日(水)は休館)
時間 9時30分~18時(最終入館は17時30分まで)
会場 かごしま近代文学館常設展示室2階
料金 大人300円(240円)、小・中学生150円(120円)
※( )内は20名以上の団体料金
※年間パスポートもご利用になれます。

関連イベント

➀ギャラリートーク(展示解説)

日時 1月29日(日) 13時30分~
場所 企画展会場(文学館常設展示室2階)
定員 10名程度(先着)
参加 常設展示観覧券(大人300円)

②作家による自作朗読&トークイベント 

 日和聡子 「火の旅」と梅崎春生

日時 2023年3月21日(火・祝) 14時~15時30分
会場 かごしま近代文学館 文学ホール
定員 100名(先着・要申込)
申込 電話、ホームページ応募専用フォームにて(定員に達し次第受付終了)

*受付開始:2月11日(土)10:00~

料金 企画展観覧料 大人300円(240円)、小・中学生150円(120円)
※( )内は20名以上の団体料金
※年間パスポートもご利用になれます。
講師 日和 聡子 satoko hiwa

Ⓒ新潮社

詩人、小説家。1974(昭和49)年、島根県生まれ。詩集『びるま』で中原中也賞受賞。以後、詩作に加えて、小説を発表するようになる。「尋牛図」が川端康成文学賞候補作に、『おのごろじま』が三島由紀夫賞候補作に選ばれる。『螺法四千年記』で野間文芸新人賞受賞。詩集『砂文』で萩原朔太郎賞受賞。その他の著書は、詩集に『唐子木』『風土記』『虚仮の一念』、小説に『御命授天纏佐左目谷行』『おのごろじま』『火の旅』『絵草紙 波風露草玉手箱』『校舎の静脈』など。

【暖房停止のお知らせとお願い】

空気調和設備改修工事に伴い、12月26日から2月下旬にかけて、全館の暖房を停止します。十分な防寒対策の上、ご来館いただきますようお願いいたします。

【新型コロナウイルス感染症対策へのお願い】

※ご来館の際は、手指消毒、検温、マスクの着用にご協力をお願いいたします。

※会場内の密を避けるため、入場制限を行う場合がございます。

※感染拡大状況により中止する場合がございます。

※最新の情報は館ホームページでご確認、またはお問い合わせください。

ページトップ ページトップ