バルーンパフォーマーPiPi うたとバルーンアートの楽しいステージ
大正8年(1919)の5月4日、現在の鹿児島市上福元町、古寺伝承の残る地において、付近を流れる川の底から大量の土器片が発見されました。
後に『不動寺遺跡』と名付けられたその地では、平成19年(2007)、鹿児島市教育委員会による発掘調査が行われました。
不動寺遺跡の事をより深く理解するために、“周辺”にある他遺跡や関連する史跡との比較検討を通し、谷山地域における不動寺遺跡の位置づけを紹介します。
日 時
2017年4月21日(金)~6月25日(日)
企画展は終了しました。ご来場有り難うございました。
開館時間
午前9時~午後5時
※休館日は月曜日(休日の場合は翌平日)
観覧料
無料(常設展の観覧は有料)
関連イベント ※無料
特別企画展関連講座:6月3日(土)13:30~15:00
講師:不動寺遺跡発掘調査担当者(鹿児島市職員)
※講座は要事前電話予約(定員50名)
交通案内
●JR指宿枕崎線「慈眼寺」駅より徒歩20分
●慈眼寺公園前バス停留所より徒歩15分
●谷山インターより車で10分
●鹿児島市コミュニティバスあいばす ふるさと考古歴史館前下車(日曜日、12月31日~1月3日は運休)
主催・お問合せ
鹿児島市/鹿児島市教育委員会
問い合わせ:鹿児島市立ふるさと考古歴史館 ☎099-266-0696